どうもこんばんわ、ajingSAMURAI(@ajing_samurai)です!

この春も各地でイカナゴ祭りが開催されてますがいい思いされてますでしょうか。
毎年、春になると冬に産卵されたものが孵化して3〜4cmの稚魚が群れとなり回遊しているのを見ることができると思います。

イカナゴパターンが成立するポイントの条件



もっとも重要なファクターは“砂”です。
つまりボトムがサーフであるということですが、ショアからサーフだとわかる場所もあれば沖合にサーフの広がるエリアもありますがオススメは沖合にサーフの広がるエリアです。

次に重要なファクターは“山”です。ポイントを探す際に注目していただきたいのは海ではなく山です。
そのポイントに対して栄養豊富な山から流れ込む水があるかどうかです。
川である必要性はありませんが、山に降った雨が山の栄養分を海に供給する事で植物プランクトンが増えます。

あとは食物連鎖通りに、植物プランクトンが豊富なエリアには動物性プランクトンが集まり、小魚の回遊が生まれ、それを食べるフィッシュイーターが集まってくるというわけです。

当然のことながら“潮があたる”、“ブレイクに隣接している”というアジングにおける大型アジが釣れるポイントの要素も欠かせません。

つまり、砂がある場所に親イカナゴが産卵し、孵化した稚魚がいる場所に雨が降ることで栄養豊富な山水が流れ込み植物プランクトンが増え、動物プランクトンが増える。

この動物性プランクトンを食べるために大量のイカナゴが回遊しており、それを狙って沖合の漁礁や回遊している大型のアジや、居着きのメバル、回遊するマダイなどがブレイクを通じてポイントに差し込んできて、爆釣となる祭りがこの時期に起こるというわけです。



イカナゴパターンが起きる条件

完璧な条件があるわけではありませんがある程度の条件はあります。
まず潮ですが、稚魚ということもありあまり潮が大きいとブレイクに絡むポイントに留まらずに潮の緩い湾内等に入っていたりするので中潮がベストです。

次に月周りですが、通常のアジングでもそうですが、月が出ているよりは出ていない方が良く、新月周りの方が実績があります。
月が出ないことで全体的にフィッシュイーターが散らばらずに純粋にベイトに付きやすいということがあるからと思われます。

瀬戸内の周防大島周辺のエリアでは早ければ3月から5月上旬にかけてこのパターンが成立します。

イメージとしては、暖かい日は何日か続き、雨が降った3日程度後の新月中潮なんてのはドキドキするくらい可能性が高いと思われます。
もちろん普段流れない場所であれば潮が大きくなることで動きが出てパターンにハマる場合もありますし、普段激流のポイントでは全く動かない方がちょうどいいということすらあります。 



イカナゴパターンを攻略するルアー


先ほどの条件に常夜灯が絡むと通常のあみパターンとなることもあるため、小さめのワームに軽めのジグヘッドでも釣れることもありますが爆発的な釣果とならずサイズも尺がらみではなく25cmアンダーでしょう。

ワームならオススメはreinsアジリンガー Pro #116 必殺クリアー です。
3〜4cmの稚魚に対して67mmというサイズ感は大きいように思えるかもしれませんがピンテールということもあり以外にもマッチします。
ジグヘッドの重さを調整することでボトムから表層までカバーできます。

reins(レイン) ルアー アジリンガー Pro #116 必殺クリアー
reins(レイン)
2013-10-25


他にもmolixのRAシャッドや、KEITECH スイングインパクト2"なんかもマッチします。
ジグならスリムなものがおススメです。

ラスパティーンにマッキーのイエローを軽く塗り、蛍光グリーンで細く線を入れるのもおススメです。


イカナゴパターンとなるアクション

アクションは表層・中層・ボトムに大きく分けることができます。

表層のアクション
表層ではイカナゴの群れの回遊が見えると思いますが一定の速度でふわふわ泳いでいると思ったら急に反転するという動きをしています。
同じような形でキャストして竿先をあげふわふわさせながら一定速度でのリトリーブが有効です。

中層のアクション
中層では表層よりも幅をもたせてふわふわさせながらのリトリーブが有効です。
イメージとしては潮流を受けバランスを崩しながらも泳いでいるような感じです。

ボトムのアクション
ボトムでは砂から出てくるイカナゴと中層を泳いできてボトムに落ちてきたイカナゴの両方を演出します。
ボトムまで落とした後、ちょんちょんとアクションを入れて跳ね上げてからテンションフォールを繰り返します。
そうすることで砂ボコリが上がりそこから出てきたイカナゴが再びボトムに泳いでいく様子が演出できます。
ボトムから中層まで一定速でのタダ巻きも有効な場合もあるので試してみましょう。

ジグの場合も同様のアクションです。


ということで久しぶりの更新でしたのでイカナゴパターンについて長めに書いて見ましたのでぜひ皆さん試してみてください!

わからないことがあればTwitterでajingSAMURAI(@ajing_samurai)に返信もしくはコメントください。

それではまた。